製造業における購買調達DXとは?実施時のポイントも解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
製造業における購買調達DXとは?実施時のポイントも解説
download-img01.jpg

製造業における購買調達DXとは、製造業の企業がデジタル技術を駆使して購買・調達業務を変革する取り組みのことです。たとえば、電子契約システムを活用することでコストを削減しながら情報の透明性やセキュリティを向上したり、クラウド型購買システムの導入でしたりすることが挙げられます。

日本では、経済産業省の推進もあってDXが注目されており、購買調達DXでは、業務効率化やコスト削減、購買プロセスの透明性向上など、多くのメリットが期待されています。

この記事では、これから購買調達DXに取り組みたいと考える製造業に向け、購買調達DXの重要性と実施時のポイントをご紹介いたします。


購買調達DXとは

購買調達DXとは、購買管理やソーシング、パーチェシング、支出分析、サプライヤー管理・評価などの購買・調達関連業務を、デジタル技術を活用して変革することです。

たとえば、クラウドサービスやデータ解析、人工知能(AI)、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)などの最先端テクノロジーを用いて実現します。

購買調達DXは、従来の勘や経験に頼る業務をデジタル技術の力で変革し、効率化と成果の拡大を目指します。

製造業で購買調達DXが必要な理由

製造業は、コロナ禍やグローバル化の影響で、さまざまな課題に直面しています。
特に、購買調達においては、次のような課題が挙げられます。

  • 原材料や部品の調達コストの高騰
  • サプライチェーンの脆弱性や不安定性
  • 競争力の低下や市場ニーズの変化への対応力の欠如
  • 購買プロセスの非効率性や非透明性
  • コンプライアンスやリスク管理の不備

製造業における上記のような課題を解決するためには、DXによって既存の購買調達を変革させる必要があるのです。


日本で購買調達DXが遅れている理由

日本における購買調達DXの遅れは、主に以下の二つの理由によるものです。

アナログな業務が多いため

購買・調達部門では、設計や製造などの各部門からの要求に応じて、サプライヤーの選定、納期や価格の交渉、契約など、多くの関係者とのやり取りが必要です。

これらのやり取りは主にメールやFAX、電話などのアナログな手段を用いて行われ、管理はエクセルで行われることが多いです。

また、これらの業務は煩雑で多岐にわたるため、ベテラン社員の裁量や経験に依存する傾向があり、属人化の原因にもなっています。

購買調達DXの優先順位が低いため

多くの日本企業では、購買・調達部門を専任で所掌する役員がいないことが一般的です。
そのため、購買・調達部門への投資が後回しにされ、DXを進めるにしても優先順位が低くなりがちです。

また、購買・調達部門は直接的な利益を生まない裏方のような立ち位置であるため、DX推進の投資の優先順位が低くなりやすい傾向にあります。


購買調達DXのメリット

購買調達DXによって、製造業においては以下のようなメリットや効果が期待できます。

購買業務を効率化できる

購買調達DXを推進し、購買プロセスをデジタル化することで、業務の効率化を実現できます。

その結果、手作業やアナログな事務作業の時間が大幅に削減し、より戦略的な業務に注力できるようになります。
また、購買プロセスの透明性が高まり、業務の迅速化と正確性が向上します。

特に製造業においては直接材・間接材ともに品目数が多く、製造拠点が複数あって購買調達に関わる担当者数も多いなど、購買管理が煩雑になりがちです。
これを効率化するための変革を検討する必要があるでしょう。

購買調達にかかるコストを削減できる

デジタル技術を活用することで、購買調達に関わるコストを削減できます。
たとえば、紙ベースの発注や契約プロセスをデジタル化することで、印刷や郵送にかかるコストを削減できるほか、サプライヤー選定などをデータ駆動型で意思決定することで、よりコスト効率の高い購買を実現できます。

製造業の場合、購買調達コストの削減は、直接的に利益率の向上につながります。コストが低減されることで、製品の価格を下げることなく利益を増やすことが可能になるためです。もし、コスト削減により製品の価格を下げることができれば、市場での価格競争力が向上し、市場シェアの拡大につながる可能性があります。

購買業務の属人化を解消できる

購買調達DXにより、購買データや履歴がシステム上で一元管理されるようになるため、属人化されがちな購買業務を標準化し、透明化が可能です。
その結果、担当者が変わっても一貫した購買プロセスを維持でき、業務の継続性を保てます。

特に、製造拠点が複数あり、購買調達に関わる担当者数の多い企業であれば、業務を標準化・平準化することができると、業務品質の向上、生産性の向上につながります。

最適なサプライヤー選定ができる

データ分析ツールを活用することで、過去の購買データや市場動向をもとに、最適なサプライヤーを選定することができるようになります。

製造業では、最適なサプライヤー選定により、原材料や部品のコストを削減できるばかりでなく、生産スケジュールの遅延リスクが減少し、より効率的な生産計画も可能になります。

これは、購買の品質を向上させると同時に、天災や政治的な不安定さなどのリスクを分散させたり、コストを削減したりすることにもつながります。


製造業で購買調達DXに取り組む際のポイント

製造業における購買調達DXの取り組みには、以下のような重要なポイントがあります。

間接材の購買をDXで変革させる

購買調達DXというと、どうしても原材料などの直接材に対する変革が優先されがちですが、実は事務用品費や設備管理費といった間接材の購買をDXで変革させることで大きな効果が見込めます。一般的に、企業の売上の6から8%ほどを間接材コストが占めており、ここで無駄を省くことで、大幅な収益改善を期待できます。

そのためには、デジタルツールを活用して、間接材の発注から納品、支払いまでのプロセスを可視化し、透明性を高め、自動化できる部分はシステムに任せることが重要です。これにより、購買プロセスの迅速化と人為ミスの削減が期待できます。

ソーシング段階を変革させる

間接材と同様に、購買調達DXの盲点になりやすいのがソーシング段階です。やはり、パーチェシング段階の方へ目が向きがちだからです。

ソーシング段階においても、デジタル技術の導入は重要です。市場分析やサプライヤー選定プロセスにデータ分析ツールを活用することで、より効果的なサプライヤー選定が可能になります。

また、サプライヤーとのコミュニケーションをデジタル化することで、情報共有の効率化とリスク管理の強化が図ることができます。

効果検証にはデータを活用する

購買調達DXを成功させるためには、中長期的な取り組みが不可欠です。そして、取り組みを改善していくためには、効果検証が欠かせません。
効果検証は、データに基づいて行い、数値で算出することが肝要です。

これを実現するためには、データの収集と分析が必要です。
購買データを定期的に分析し、DXの効果を定量的に評価することで、さらなる改善点を見つけ出せ、購買調達プロセスの最適化を図ることができます。

デジタル技術を採用する際は、製造業の購買調達でよくある集中購買が実現できることや、貯蔵品在庫の管理に対応できることなど、自社が求める要件を満たせることを確認しましょう。


まとめ

製造業における購買調達DXとは、デジタル技術を活用して購買・調達業務を効率化し、コスト削減や業務の透明性向上を目指す重要な取り組みです。購買調達DXは、企業の生産性を向上させ、競争力を高める重要な要素となり得ます。

製造業において購買調達DXを推進するには、

  • 間接材の購買をDXで変革させる
  • ソーシング段階を変革させる
  • 効果検証にはデータを活用する

などのポイントを押さえると良いでしょう。

download-img01.jpg

Procurement Cloudを
ご検討される方へ

自社の要件にかなうかどうかを
直接聞きたい方へ